読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝸牛角上

読書メモ。あらすじ。というよりダイジェスト?

レ・ミゼラブル その30 (ビクトル・ユーゴー作 豊島与志雄訳)

テナルディエの策略

 夜明けよりも2時間ぐらい前。

 テナルディエの亭主は、上等な部屋に泊めた男への請求書をしたためていた。


「一、夕食        3フラン

 一、室代       10フラン

 一、ロウソク代     5フラン

 一、炭代        4フラン

 一、雑用        1フラン

 合計         23フラン」


「23フラン!」

 かみさんは感心して叫んだ。


 請求書を渡された男は、しかしその中身よりも気になることがあるらしかった。

 かみさんは、コゼットを養っていることについて不満を漏らした。

「ではその厄介者を連れて行ってあげましょうか」

 と男は言った。

 かみさんは喜んだ。


 男が23フランを払おうとすると、テナルディエの亭主が、26スーでいい、と言い出した。

「部屋代が20スー、夕食が6スー。

 コゼットのことについては少し話があります」

 亭主はかみさんに席を外させて、部屋に男とふたりきりになった。


 亭主は、コゼットをかわいいと思っていると言い出したり、これまでコゼットを育てるためにかかった金のことなどを言い出した。

 コゼットが連れて行かれる先のことを心配してみたり、男の素性について聞き出そうとしたりした。

 男がいっさい取り合わないので、ついに亭主はハッキリと言った。

「私は1500フランいただきたいんです」

 男は1500フランをテーブルに置いた。


 男はコゼットに用意していた衣装を渡して着替えさせた。

 全身黒ずくめ。

 それは喪服だった。


 日が出ようとする頃。

 モンフェルメイュの人々は、みすぼらしい服装をした男が、大きな人形を抱えた喪服の少女の手を引いて、パリー通りを歩いていくのを見た。

最善を求むる者は時に最悪に会う

 亭主から1500フランを見せられたテナルディエのかみさんは言った。

「それだけですか!」

 なるほど、と亭主は言い、大急ぎで男とコゼットを追いかけた。


 コゼットの足は遅く、亭主には地の利があった。

 亭主は追いつき、コゼットを返してもらいたい、と言った。

「この娘を預けたのは母親ですから、母親にだけしか渡せません。

 あるいは、このひとに子供を渡してくれ、といったような、母親の署名した書きつけを持っているひとにしか」


 すると男は金の入った紙入れをとりだした。

 買収する気だな、と亭主は思ってうれしくなった。


 だが男が出したのは、一枚の紙片だった。

「このひとへコゼットをお渡しくだされたく候」

 と書かれた紙片には、コゼットの母親ファンティーヌの署名があった。


 テナルディエの亭主は、コゼットを育てるのにかかった費用についてくどくどと言い募った。

 男は、これまで亭主がファンティーヌに請求してきた金額の細かいところまで承知していて、それは先ほどの1500フランによって十二分に支払われたことを言った。


 男はコゼットの手をひいて、テナルディエを無視して歩き出した。


 テナルディエはくやしがった。

「俺はばかだった。

 銃も持たずにさ。

 猟にきたわけなのに!」


9430号再び現われコゼットその籤を引く

 ジャン・ヴァルジャンは死んだのではなかった。

 海へ落ちた彼は、水中をくぐってある船の下まで泳ぎ、その船につないであった小船に隠れて探索をやりすごした。

 パリーに行き、コゼットのための喪服を購入し、住居を求めた。

 新聞を手に入れ、自分の死亡記事を確認して安堵をおぼえた。

 それからモンフェルメイュへ赴いた。


 そしてコゼットをテナルディエ夫婦から救い出すと、その日の夕方、コゼットと一緒にふたたびパリーに入った。