読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蝸牛角上

読書メモ。あらすじ。というよりダイジェスト?

レ・ミゼラブル その23 (ビクトル・ユーゴー作 豊島与志雄訳)

意外事

 ミローの胸甲騎兵は、数3500。

 偉大な馬にまたがった巨人たちだった。

 副官ベルナールは、彼らに皇帝ナポレオンの命令を伝えた。

 偉大なる騎兵隊は動き出した。


 騎兵隊はモン・サン・ジャン高地の急坂を駆け上がった。

 高地の頂を乗り越え、

「皇帝万歳!」

 と叫んでイギリス軍に襲いかかろうとした。


 と突然。


 騎兵隊とイギリス兵との間に、断崖があらわれた。

 それはひとつの墓穴だった。

 2尋の深さをなし、馬の足下にそれは待ち受けていた。


 騎兵隊の第2列は第1列をつき落とし、

 第3列は第2列をつき落とした。


 それが敗戦のはじまりだった。

モン・サン・ジャンの高地

 それでも生き残った騎兵隊は勇猛に闘った。

 彼らはイギリスの方陣の上におどりかかった。


 しかしイギリスの軍隊は、たじろぎもしなかった。

 彼らは冷然と迎えうった。


 その戦闘の光景は凄惨をきわめた。

 方陣はもは隊伍ではなく噴火口だった。

 胸甲騎兵はもはや騎兵隊ではなくて暴風雨だった。

 各方陣は雲霧に襲われた火山であり、溶岩は雷電と闘争した。


 それはもはや混戦ではなかった。

 陰影であり、

 狂乱であり、

 精神と勇気と熱狂的な憤怒であり、

 稲妻のごとき剣の颶風だった。


 もし胸甲騎兵たちが断崖のために最初の突撃力を弱められていなかったならば、彼らは敵の中央を突破して勝利を決定していただろう。

ナポレオンに不運にしてブューローに幸運なる案内者

 ブリューヘルが率いるイギリス側の援軍が到着した。


 ブリューヘルの副官ブューローの案内人となった少年が、

 もし森林から進出するのにプランスノアの下手からよりも、

 フリシュモンの上手からすることを勧めていたならば、

 ナポレオンはワーテルローの戦いに勝っていただろう。


 ブリューヘルはブューローに攻撃の命令を下すと、言った。

「イギリス軍に息をつかせなければいけない」

近衛兵

 ナポレオンの近衛兵たちは、まさに戦死の期の迫っているのを感ずるや、

「皇帝万歳!」

 を叫んだ。


 彼らは前進をつづけた。

 その軍勢のうちにおいては、一兵卒といえども将軍と同じく英雄だった。

 みずから滅亡の淵に身を投ずることを避けた者はひとりもいなかった。